科捜研の女17 第12話

科捜研の女17 第12話
2018年2月8日放送 

【あらすじ】
 早月(若村麻由美)のかつての同僚・弓原公彦(奥田達士)の遺体が自室から発見された。弓原は家賃を滞納、密室状態だった部屋にはまるで生活感がない。マリコ(沢口靖子)は遺体の左手甲に残された小さな掻き傷に引っ掛かり、解剖を提案。事件性がないと藤倉甚一(金田明夫)に反対されるが、珍しく早月が「司法解剖ができないなら遺族から許可をもらってでも解剖を」と言い放つ。

 早月は15年ほど前まで有田実(相島一之)とともに助教授に推薦されたが、年齢も近い弓原だけは推薦されなかったという。そのことがショックだったのか、弓原は早月らが止めるのを振り切るように地方の大学へ転職。そこで助教授を目指していたようだが、かなわなかったという知らせを10年ほど前に受け取っていた。

 弓原の妻・弓原郁絵(古村比呂)によると、弓原は大学に勤務せず医学部専門の塾講師をしていたという。が、それもうまく行かず、郁絵の勧めで健康診断のアルバイトをしていたが、3カ月ほど前に自分の専門である法医学の職を探すと家を飛び出していた。以来、別居状態となり、郁絵もここ3カ月は連絡もとっていなかったらしい。郁絵は早月による遺体解剖の申し出を承諾、ただし解剖後の臓器の検査は臨床検査技師でもある自分が行うという条件をつける。

 解剖の結果、死因として心不全などが浮上するが、肝心の心臓は郁絵に持ち去られマリコも手が出せない。
 一方、土門(内藤剛志)は弓原には預貯金の残高がほとんどなく、生活に困窮していたらしいことをつかむ。さらに検査技師としての収入も少なかったことから夫の保険金を当てにしていた可能性も…。

【キャスト】
(榊マリコ) 沢口靖子
(風丘早月) 若村麻由美
(日野和正) 斉藤暁
(橋口呂太) 渡部秀
(涌田亜美) 山本ひかる
(蒲原勇樹) 石井一彰
(宇佐見裕也) 風間トオル
(佐伯志信) 西田健
(藤倉甚一) 金田明夫
(土門薫) 内藤剛志 ほか

科捜研の女17 第12話 無料動画

科捜研の女17 第12話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料キャンペーン実施中!

科捜研の女17 第12話 他の動画を探す

 

科捜研の女17 第12話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

科捜研の女17 第12話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ