科捜研の女17 第1話

科捜研の女17 第1話
2017年10月19日放送 スタート

【あらすじ】
 肉を熟成させるための熟成庫で両腕を吊るされた男性銀行員の遺体が発見された。マリコ(沢口靖子)の見立てで生きている間に吊るされたことがわかるが、なぜか抵抗を示す外傷が見当たらない。薬品を投与され抵抗できない状態だったのか?
所持品などから被害者が人気口コミグルメサイトで「舌三郎」と呼ばれるカリスマ・レビュアーだったことが判明する。

 藤倉(金田明夫)に連れられ、民間鑑定所の鑑定人・江藤(中川大志)がやってきた。熟成庫の持ち主でレストラン社長の里美(櫻井淳子)が、土門(内藤剛志)らの捜査で熟成庫が使えなくなったと抗議。自分が事件とは無関係と証明するために民間鑑定所に調査を依頼したという。科捜研は藤倉の命令で江藤にデータを提供することになる。

 呂太(渡部秀)による熟成庫の温度と湿度の鑑定、宇佐見(風間トオル)による菌の鑑定などから、マリコは被害者の死亡推定時刻を割り出すが、江藤はわずか1時間ほどの違いを指摘。呂太とは違い、熟成庫の風速の変化までも計算に入れた結果だった。さらに独自の調査で被害者が「舌三郎」であることもつかんでいた江藤。マリコら科捜研メンバーは江藤の頭脳と行動力に目を見張る。

 カリスマ・レビュアーの採点が店の評価を大きく左右することがわかった。ということは、評価されることは店にとって死活問題。里美が自らの店の評価を低く採点されたために殺害したのか、と思われたが、「舌三郎」は高評価。殺害の動機はなくなったと思われたが、土門は里美の真実の顔を暴いていく。里美にはいったい何が? そしてマリコらが明らかにする「舌三郎」の意外な正体とは?

【キャスト】
(榊マリコ) 沢口靖子
(風丘早月) 若村麻由美
(日野和正) 斉藤暁
(橋口呂太) 渡部秀
(涌田亜美) 山本ひかる
(蒲原勇樹) 石井一彰
(宇佐見裕也) 風間トオル
(佐伯志信) 西田健
(藤倉甚一) 金田明夫
(土門薫) 内藤剛志

ほか

科捜研の女17 第1話 無料動画

科捜研の女17 第1話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料キャンペーン実施中!

科捜研の女17 第1話 他の動画を探す

 

科捜研の女17 第1話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

科捜研の女17 第1話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ