相棒 Season16 第10話

相棒 Season16 第10話
放送日:2018年1月1日

元日スペシャル
第10話「サクラ」

【あらすじ】
クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生。しかし、奇妙なことに加害者のみならず被害者も行方をくらましてしまう。残された銃弾から、制服警察官に支給されている拳銃、通称“サクラ”が使われたと判明した直後、交番で制服警察官が自殺し、銃が持ち去られているのが発見された。広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、混乱を避けるため発表を控えようとするが、『QTES689』というハンドルネームを持つ何者かが、緊急災害速報メールの発信元をハッキングしてサクラ盗難の証拠映像を拡散してしまう。独自の捜査を始めた右京(水谷豊)は、自殺した警察官が元所轄刑事で、3か月前に事故と処理された内閣人事局長の死を、一人で捜査していたという情報を掴む。どうやら、局長の死と今回の発砲事件に何らかの繋がりがありそうだが…!?

いっぽう、発砲事件で撃たれた後、姿をくらました被害者を捜索中の亘(反町隆史)は、不意に当人から接触を受ける。安田(梶原善)と名乗った男は、“ある話”を亘に持ち掛けてきて…!? そんな中、特命係は思わぬ情報源から、半年前に謎の失踪を遂げた上条喬樹(健太郎)をはじめとする3人の男子高校生が、一連の事件と関係している可能性に気づく。ところが、捜査本部は全く違う思惑に支配されていた。内閣情報調査室の審議官・有馬(鶴見辰吾)が、副総監の衣笠(大杉漣)を通じて、不穏な強硬手段を指示したのだ。いっぽう、死亡した局長と懇意にしていた官房副長官の折口(篠井英介)の周辺でも、一連の事件に繋がると見られる不吉な思惑がうごめいていた。
停職の危険を冒しながらも捜査を続ける右京と亘
銃撃犯とサイバーテロの実行犯は同一人物なのか!?
権力者、警察、失踪した高校生、そして特命係……
それぞれの思惑が交錯し、事態は国家を揺るがす驚愕の結末へと向かう!!

【キャスト】
杉下右京 ………水谷豊
冠城亘 ………反町隆史
月本幸子 ………鈴木杏樹
伊丹憲一 ………川原和久
芹沢慶二 ………山中崇史
角田六郎 ………山西惇
青木年男 ………浅利陽介
益子桑栄 ………田中隆三
大河内春樹 ………神保悟志
中園照生 ………小野了
内村完爾 ………片桐竜次
日下部彌彦 ………榎木孝明
衣笠藤治 ………大杉漣
社美彌子 ………仲間由紀恵
甲斐峯秋 ………石坂浩二

相棒 Season16 第10話 無料動画

相棒 Season16 第10話 動画 無料視聴サイト

相棒 Season16 第10話 他の動画を探す

 

相棒 Season16 第10話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

相棒 Season16 第10話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ