anone(あのね) 第5話

anone(あのね) 第5話

2018年2月7日放送 
初恋!?つのる想いと命の期限!
ニセモノで結ばれた4人は本当の家族になれるのか!?

【あらすじ】
林田印刷所の元従業員・理市(瑛太)は、弁当屋で働きながら妻の結季(鈴木杏)と幼い娘を養う一方、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)を騙し結婚の約束をしていた。

一方、亜乃音の家には一千万円を持ち逃げした上に、盗まれてしまったるい子(小林聡美)が舵(阿部サダヲ)と共に謝罪に訪れる。手料理をふるまおうとやってきた弁護士の万平(火野正平)に自分たちの存在を怪しまれないために、咄嗟に亜乃音の妹家族のふりをしたハリカ(広瀬すず)とるい子、舵は思いがけず疑似家族のような気分を味わい、打ち解けていく。その日から亜乃音の家で四人の奇妙な共同生活が始まる。

ハリカは彦星(清水尋也)を励まそうと、そんな日々の些細な出来事をチャットゲームで報告する。他愛ない報告を楽しみにしながらも、病気と未来の話になると途端に心を閉ざしてしまう彦星にハリカは心を痛めていた。そして、ある時から彦星がゲームにログインしなくなったことでハリカの胸を不安がよぎる。

その頃舵は、林田印刷所の使われなくなった印刷機を見て、印刷屋を営むというアイデアを思いつくが、突然目眩に襲われて、現れた理市に助けられる。そこで、理市は亜乃音の家でるい子と舵が世話になっていることを知る。そして、理市は秘密の別宅で一人試行錯誤していた「両替機を騙すことのできるニセ札」を完成させて…。

アルバイト中に嫌な予感がし、病院に駆けつけたハリカは、窓越しに彦星の病室が片付けられているのを見て、慌てて院内へ走る。看護師たちの話から、肺炎を起こした彦星がICUに入っていることを知るが、彦星の両親が、危険な状態にいる彦星よりも、予約したレストランに行く用事を優先させたことを知り、ショックを受ける…。

一方、夕飯の支度の進む亜乃音の家では、帰りの遅いハリカのことを亜乃音は心配していた。電話の向こうでは明るい声を装い「今日は亜乃音の元へ行けない」と話すハリカだったが、亜乃音からこの家はもう「行く」場所ではなく「帰る」場所だと言われ、震える声で病院にいることを打ち明ける…。

亜乃音が駆けつけると病院の前に立つハリカの姿が。そこで、ハリカは初めて彦星のことについて話し始める。彦星が苦しんでいる時に、笑ったりご飯食べたりしていた自分は、彦星を置いてレストランに行く両親と同じだ、と無力な自分を責め立てる。そして何もできない自分に嫌気が差し、帰ろうとするハリカに亜乃音は「何もできなくてもいい。思うだけでいい。」と言い残しその場を離れるのだった。そして、ハリカは夜通し彦星の回復を祈り続け、夜が明けた頃ついに、病室に彦星が姿を現す。言葉にできない喜びを噛み締め、ハリカが帰路につこうとすると、そこには亜乃音の姿が。彦星が目を覚ましたことを、泣きながら報告するハリカを亜乃音は優しく抱きしめるのだった。そして、家に帰ると前の日と同じ佇まいでるい子と舵が二人を出迎える。4人で昨夜食べるはずだったとんかつを朝ごはんにし、幼い子供のように無邪気に話すハリカの話を3人は優しく聞いてあげるのだった。そして話し疲れたハリカはそのまま寝てしまう・・・。目を覚ましたハリカが、チャットゲームにログインすると彦星のキャラクターが現れ、そこで彦星は自分が見た夢の話を始める。パン屋に行った彦星が、ハリカからパンを買う夢だったという。そこでもらったスタンプカードを見て、またそこでパンを買いたいと思い、久しぶりに明日のことを考えることができたと喜ぶ。そしていつかハリカに会いたいという思いを初めて伝える。
そんな中、本格的に印刷屋を営むことを考える舵に、亜乃音は理市から教わることを提案。その夜、亜乃音の家に現れた理市は、夕飯もさておき、唐突に4人の前に一万円札を置き、ニセ札製造への協力を求めるのだった−。

【キャスト】

広瀬すず
小林聡美
阿部サダヲ
瑛太
火野正平
田中裕子 ほか

anone(あのね) 第5話 無料動画

anone(あのね) 第5話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料キャンペーン実施中!

anone(あのね) 第5話 他の動画を探す

 

anone(あのね) 第5話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

anone(あのね) 第5話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ