海月姫 第3話

海月姫 第3話

2018年1月29日放送 
初デート!暴かれたシンデレラの魔法とウソ

【あらすじ】
倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられずにいた。しかし、蔵之介は本気。月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、早速ドレスのデザインをスケッチし始める。月海は「全然違う」と、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せると、蔵之介は思わず「こんなドレスがあったら欲しい」と言う。そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに。男の格好だった蔵之介は姿を消す。
蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋を訪ねてきた。修は、月海と会いたいがどうすれば良いかわからない状態に。月海と付き合わせると言った約束がまだ有効かと蔵之介に問う修。すると蔵之介は、月海に声をかけると請け負う。
『天水館』に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げる。月海は行きたくないと即答。修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。蔵之介は「直接修に聞いてみれば良い」と言うが、月海には無理。さらに、男性とデートなどしたら『天水館』にいられなくなると続ける月海に、蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。
月海と修は無事に落ち合うが、ギクシャクしたデートが続く。そんな中、メガネをかけた月海を見た修は『天水館』で「気色悪い」と言ってしまった女性だと気づく。一方、蔵之介は“尼~ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで儲けた金で『天水館』を救おうと言い出す。

【キャスト】
倉下月海 … 芳根京子
鯉淵蔵之介… 瀬戸康史
鯉淵修 … 工藤阿須加
ジジ様 … 木南晴夏
ばんばさん … 松井玲奈
まやや … 内田理央
千絵子 … 富山えり子
桐山琴音 … 最上もが

稲荷翔子 … 泉里香
佐々木公平 … 安井順平
花森よしお … 要潤

鯉淵容子 … 床嶋佳子
倉下深雪 … 小雪(友情出演)
鯉淵慶一郎 … 北大路欣也
ほか

海月姫 第3話 無料動画

海月姫2 第3話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料 キャンペーン実施中!

海月姫 第3話 他の動画を探す

 

海月姫 第3話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

海月姫 第3話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ