ドクターX 第3シリーズ 第8話

ドクターX 第3シリーズ 第8話

2014/11/27放送 「…待つ」
【あらすじ】
ある日、大門未知子(米倉涼子)は「国立高度医療センター」内で、1冊のノートを拾う。それは原因不明の難病「肺静脈閉塞症」で入院している小学生・八田ちひろ(小林星蘭)と、その母・八田和美(堀内敬子)の筆談ノートだった。その記述から、ちひろが生命の危機にさらされていることを読み取った未知子は、総長の天堂義人(北大路欣也)にオペを担当させろ、と直談判する。だが、ちひろは担当医である富士川清志郎(古田新太)が完治不可能と判断し、すでに転院の話もつけたほど、手の施しようのない状態…。富士川だけでなく、ほかの医局員たちもオペの実施に難色を示す。だが、未知子はいつ病状が急変するか分からないちひろを助けたい一心で、無謀ともいえる生体肺移植を提案。脳死肺移植ではドナーが見つかるまでに早くても3カ月を要するため、未知子は悠長に待っていられなかったのだ!

【キャスト】

(大門未知子) 米倉涼子
(海老名敬) 遠藤憲一
(城之内博美) 内田有紀
(加地秀樹) 勝村政信
(加藤峰司) 渡辺いっけい
(原守) 鈴木浩介
(双葉健児) マキタスポーツ
(足柄信太郎) 高橋和也
(阿智祥三) 木下隆行
(関ヶ原朋子) 内藤理沙

ドクターX 第3シリーズ 第8話 無料動画

ドクターX 第3シリーズ 第8話 動画 無料視聴サイト

ドクターX 第3シリーズ 第8話他の動画を探す

 

ドクターX 第3シリーズ 第8話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドクターX 第3シリーズ 第8話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ