海月姫 第7話

海月姫 第7話

2018年2月26日放送 

【あらすじ】

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。

ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。内容はまさに月海へのプロポーズだった。ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。

そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。千絵子は母にここで服を作っていると説明。蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。 しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。

【キャスト】
倉下月海 … 芳根京子
鯉淵蔵之介… 瀬戸康史
鯉淵修 … 工藤阿須加
ジジ様 … 木南晴夏
ばんばさん … 松井玲奈
まやや … 内田理央
千絵子 … 富山えり子
桐山琴音 … 最上もが

稲荷翔子 … 泉里香
佐々木公平 … 安井順平
花森よしお … 要潤

鯉淵容子 … 床嶋佳子
倉下深雪 … 小雪(友情出演)
鯉淵慶一郎 … 北大路欣也
ほか

海月姫 第7話 無料動画

海月姫2 第7話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料 キャンペーン実施中!

海月姫 第7話 他の動画を探す

 

海月姫 第7話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

海月姫 第7話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ