民衆の敵 第5話

民衆の敵 第5話

放送日:2017年11月20日
第一章、完結!物語は急展開!仕掛けられた罠と死

【あらすじ】
佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込んだ。
その後、智子は「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を誠から教えられる。日本人は仕事を優先して休暇も取りにくい状況にあるということ。智子も平田和美(石田ゆり子)とそんな体験をしたばかり。駿平(鳥越壮真)たちの遠足に参加できなかったのだ。まず実践してみたらという誠に、智子はSNSに長期休暇を取ると書き込む。

そんな智子に男から電話が入る。男は手紙を読んでもらえたかとだけ言って電話を切った。智子はバッグから手紙を取り出す。手紙は市議会に汚職議員がいるという告発文だった。智子は小出未亜(前田敦子)や 園田龍太郎(斎藤司)に手紙の内容を聞いてみるが、2人ともそそくさと去ってしまう。
ランチを一緒にした和美にも、先ほどの出来事を聞く智子。和美は下手につついたら、智子たちにも火の粉が降りかかるので慎重に扱うように忠告。智子は和美に汚職の件を調べてほしいと頼む。
その夜、智子は落ち込んでいた。SNSでの長期休暇の書き込みが不評の嵐なのだ。公平(田中圭)は議員としてろくな活動もしていないのに当たり前、SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいいと促す。すると、智子は汚職まみれの議員がいるとの告発を調べると書き込んで…。

【キャスト】

篠原涼子/高橋一生/古田新太/前田敦子/千葉雄大/斎藤司(トレンディエンジェル)/若旦那/細田善彦/今田美桜/余貴美子/大澄賢也/田中圭/石田ゆり子 他

民衆の敵 第5話 無料動画

民衆の敵 第5話 動画 無料視聴サイト

公式サイトで無料キャンペーン実施中!

民衆の敵 第5話 他の動画を探す

 

民衆の敵 第5話の関連動画

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

民衆の敵 第5話の感想をご自由にどうぞ m(_ _)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ